1. HOME
  2. ブログ
  3. 絵画がすごい!病院の待ち時間のイライラを健康に!?

絵画がすごい!病院の待ち時間のイライラを健康に!?

病院なのにイライラしたら不健康に

待合室にたくさんの人がます・・・あなたはどう思いますか?

・どのくらいで呼ばれるのだろう
・待っている間はどうやって過ごすかな
・今日は混んでるからやめようかな
・読書できる!
・病院だからスマホは・・・

予約のできる病院では、割と早めに呼ばれる事もありますが、総合病院では
やはり待つ時間は長くなる傾向にあります。

病院に行くときって、風邪を引いた時や怪我をした時なので、
待つことがキツイ!
なんでこんな風邪引いている時に我慢しなければ行けないんだ~
って思いません?

私の嫌なパターンは、体調は悪くないけど検査のため病院で待っているときです。
初めはなんとか待ってられるんですが、だんだんと待ち時間が長くなると
「そろそろ呼ばれるだろう・・・」と思っているのに、
なかなか呼ばれずに、イライラしてしまいます。

これってよく考えると健康によくないかもしれません。

アートの力で病気の症状をどう変えたのか?!

月桂樹でいろいろな作品の絵画展をしていますが、毎回驚かされます。

・心が落ち着く
・楽しくなる ・なんとも言えない懐かしい気持になる
・世界観が気持を変える
・集中してその絵に没頭している自分がある

アートは人の感情に大きく作用していると考えて見ました。

以前NHKのクローズアップ現代で、

「世界が注目!アートの力  健康・長寿・社会が変わる」
アートの力で健康長寿 効果実証!世界も注目
世界が注目! アートの力が病院を変える
世界が注目!アートの力 症状が改善 医療費も削減
世界が注目!アートが変える終末期医療
世界が注目!アートの力 症状が改善 医療費も削減
世界が注目!アートの力 医療・介護の現場に革命
世界が注目!アートの力 地域のつながりを育む
世界が注目!アートの力 健康・長寿・地域を変える
世界が注目!アートの力 駅や刑務所 至る所に

出典元:NHKクローズアップ現代

NHKクローズアップ現代世界が注目!アートの力  健康・長寿・社会が変わる

その中でこんな記事がありました。

眠れない時とか、いろいろ悩んでいる時にその絵の前にかけまして、そうやってずうっと絵を見ていますと、気持ちが落ち着いてくるんですね。そういうことが自分自身があったから、病院にも絵を掛けようということになっていったんです。

私が幼少の頃、父親が家で仕事をしていたので勉強は同じ部屋だったんです。
勉強が苦手だったので、飽きて来ると教科書とか見ずによそ見するんですよ。
部屋には高さ70cmほどの大きな紙でできたゴミ箱があって、そこに
絵画の女性の顔がプリントされていました。
ぼんやりとしたタッチで、黄色や緑色が主体なのですが、今でも覚えています。
そのゴミ箱の絵と似たものを見るとその時の石油ストーブの匂いや、聞こえて来るラジオ、光景までもが懐かしくノスタルジックな気分に浸り、落ち着くんです。

あなたは絵画を購入派?それともレンタル派?

私が行く病院を考えいるとフロントの待合にはそれは大きな絵があるんです。
もしもあなたが、病院の飾る絵を管理している方でしたらどの様に決定していますか?

・医院長の趣味
・病院を作る時のデザインとして
・ときどき買いに行く
・絵画のレンタルをする。
・特になんでも良い

もしも患者さんの健康に良い効果を与える絵を選んだらどうでしょう?
殺風景な壁より、心安らぐ絵が飾ってあるなら患者さんはどんな気持になるでしょうか?

アートの世界が健康に良いとのことは

超党派議員芸術健康福祉グループ レベッカ・ゴードン=ネスビット博士
「もちろんアートは特効薬ではありませんが、健康維持を助ける強い効果があります。さまざまな病気からの回復を助け、確実に健康で長寿にしてくれます。私たちの生活の質を高めてくれるのです。」
と言っております。

出典元:NHKクローズアップ現代

同じ絵でも良いのですが、季節に合ったものや、時々別の絵を変えると雰囲気も変わります。
患者さんの気持やストレスを軽減するにはどんな絵を選びたいですか?

ただし、絵は非常に高いので、簡単に変更することができません。
医院長さんは日々の業務で忙しいですからなかなか変更する機会に恵まれないことも
おおいのではないでしょうか?

選択肢の一つとして絵画レンタルがあるんです。

まとめ

病院の絵画は患者に与える影響はかなり大きなものです。
患者さんは病院の待ち時間はストレスがかかります。
病院に絵画を置くことで、得られる事は患者さんに健康になってもらいたい
目指すべき所ではないでしょうか?
高い絵画を購入するというより、絵画をレンタルし雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか?
もしも、私の行っている病院の方が見て頂けましたら是非お願いいたします。

病院がもし美術館の様だったら病気も治りそうですね!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事